【F1 2021 PRO3 Series】第9戦 ベルギーGP ドライバーコメント PRUNE選手 – eスポーツレースゲーム&ゲームレビューブログ

【F1 2021 PRO3 Series】第9戦 ベルギーGP ドライバーコメント PRUNE選手

予選Q1
 雨予報が出ていたのでなるべく早めにタイムを出すべくアタックした。最初は曇っていたけれど、2周目のアタックで晴れてきたのでタイヤと路面のコンディションが上がり、43.983で2位につけることができた。フェラーリのyuukiさんがそれを0.1上回っていて、また速いドライバーが現れたなと感じたよ( ̄∇ ̄)

予選Q2
 時間ギリギリで雨が降ることが分かったから、ミディアムで早目にタイムを出そうと考えた。そしたらやはりみんな早めにコースへ出てきたよ。1番最初にアタックしたから路面的には後ろより不利な状況。だが、邪魔されたくなかったから綺麗に最終コーナーまではいけてたかな。でも最後のシケンイでミスし0.6ほどロスした。最終シケンイ手前の100m看板の場所でアタックしようとしているのかスロー走行しているハースがいたんだ。避けるために左側のタイヤで少し芝を刈ったよ。それでタイムを出したからそのドライバーをマップでみたら、いやアタックしないんかい!wピットに入っていたよ。結局Q2は最後ギリギリでタイムを上回られ11番手。またまた突破ならずで複雑な心境だった。

予選Q3
 雨だ…waki time.
なんと流石2番手。彼は予選3→1→2と好スタート。エルズさんの実況聞きながら闘志を燃やした。

決勝レース1
 スタートで出遅れた。11→17まで落ちることとなった。けれど思ったよりもペースが良く6位まで上げることができたんだ。4.5周目あたりでチームメイトがリタイア。SCが出た。このタイミングならギリギリソフト持つかと思いピットインM→S、P6→P8。SCが明けてすぐにバトル勃発。tttさんが前、るどさん、ようたさんと続きオールージュを駆け上がる。ソフトタイヤを活かしP8→P5に。次はアストンマーティンが2台。ここでもソフトを活かしオーバーテイク。11Lap目にはP3へ。そして前はValsheさん、yuukiさん。15周目にyuukiさんがピット。2人はタイヤを変えてなさそうだ。その時なんと2回目のSCが入りValsheさんピット。1秒近くを走っていたので私も続いて入る。先に入っていたyuukiさんはオーバーカットはされずP1のまま。18周目にSCは明けた。そこからはValsheさんと2位争い。1位が少し離れる。VSCが入り距離が縮まる。Valsheさんと順位が入れ替わる。21周目ファステストを叩き出しValsheさんをオーバーテイク。1位を追う展開に。差は0.8秒0.6秒。DRSを使用しERSもぶっ放す。yuukiさんを最終LAPでオーバーテイクした。そしてそのまま抑えてノーペナゴールイン。レース1 は優勝!!予選での敗北を決勝で晴らすことができた。勝利を見届けてくれた方々に感謝したいと思う。ありがとう。

決勝レース2
 またまたスタート出遅れ。P10→P17に。ミディアムスタートだった。5LAP目には早々に交換する人が多くP6まで上げた。そしてその周ピットイン。ペースは悪くなかったのでP11で戻れた。そこから最後までwakiさんとバトル。チェッカーフラッグを並んで切ったよ。結果はP6!エキサイティングなバトルですごく楽しめた。終わった後にwakiさん自信をなくしてしまったらしい。しかし、彼から学んだことはとても多いんだ。ストレートスピードの重要さを教えてくれた。切磋琢磨し合う良きライバルだし、とても素晴らしいドライバーであることは間違いない。モナコでは力を出し切れなかったが、上位に食らいつけたのは彼のお陰だ。今回のレース2では熱い闘いを楽しむことができた。本当に今回のレースは良かった。次のレースも負けないように頑張ろうと思うよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました