【F1 2021 PC版】表彰台 JAPAN vs KOREA RussiaGP Winner SpeedEL選手

優勝 SpeedEL選手

待ちに待った!!!!表彰台「日韓戦」です。

ポールを獲得したのは、Lang E選手。

さぁどちらが勝つのか!

決勝のスタートです!

さぁ!いよいよ日韓戦決勝、緊張の一瞬です。

スタートでdaska選手が2位に上がります。

Lang E選手はトップをキープ。

なんと、1周目から2台が失格!
バーチャルセーフティカーが入ります。

オープニングから荒れてます。

6台近くのドライバーがピットイン!
いったいなにがあったのでしょうか。

トップ争いはコンマ2秒と激しいバトル。
LAP10Lang E選手がピットイン。ココで初めてdaska選手が首位に。

しかし!!!!ここでdaska選手が痛恨のスピン。順位を落とします。

トップはLUKE選手、2位はMirunabe選手が続きます。

LAP12 Mirunabe選手がピットイン。ミディアムを履きます。

LAP13 ここでセーフティカーが入ります。

戦略が分かれるのか。

トップのLUKE選手ほか数台がピットへ。

LAP14 順位を整理しましょう。首位はLang E選手、2位vdplayer選手、3位LUKE選手、4位daska選手。

LAP16 セーフティカーが戻り、レース再開。

LAP17 ここでdaska選手がスピンで最下位まで順位を落とします。

LAP18 vdplayer選手がトップに立ったとたん!なんと、daska選手がリタイア。

ここで多くのドライバーがタイヤ交換をします。

M氏「だすかさんが居ない今、日本のエースとしてみるなべさんやわっかさんがんばってほしい」と。

LAP21 いよいよ残り7周のスプリントレースに。
さぁ!誰が勝者となるのか!

SpeedEL選手(ソフト)がLang E選手を抜いてトップに立ちます。
ソフトタイヤは最後までもつのでしょうか?

LAP24 Mirunabe選手が2位へ。SpeedEL選手との差は3秒。

ファイナルラップ、2コーナーでLang E選手がMirunabe選手を抜き返して2位へ。

優勝はSpeedEL選手が獲得。2位はLang E選手、3位はMirunabe選手が輝きました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました