アセットコルサコンペティツィオーネ Mr.Xに学ぶ!part1 | eスポーツレースゲーム&ゲームレビューブログ

アセットコルサコンペティツィオーネ Mr.Xさんに学ぶ!part1

アセコル人気!スゴイですね(#^.^#)

タイムアタック企画の参加者が100人を超えたり、毎週日曜日に行われているゴリ走ほか、この所、さまざまな大会も行われているようです。

私も上記の2企画に参加していますが、毎回最下位争い><

悔しい思いをしています。

何ではやく走れないんだ???疑問ばかり。
ましてや車に詳しくない私にとっては、速く走るコツなんて知るよしもありません。

が!参加する以上、1つでも上位を狙いたいものです。

そこで!今回は、「Mr.Xさん」にレクチャーを受け、レベルアップを図りました。

とっても丁寧に分かりやすく説明してもらいました(#^.^#)。

●とりあえず、走行スタート!コースはハンガロリンク!

数周後、蛇足走行(走行中にアクセルから足を話した状態で走行すること)を学ぶ。

サイトを見ているドライバーさんは「そんなの知ってるよーーー」と聞こえてきそうですが、やってみると、これが以外と難しい。

ブレーキ、アクセルワークを練習!なんとフィーリングのトロフィーをゲット

アプローチとしては、ストレートからカーブの前で速度を落とします。そして、コーナーを回りながら立ち上がりでアクセル踏み込んで行いきます。

うまくいくと、車体も安定するので、コーナーも曲がりやすい。

結果、タイムUPということだ。

途中、ビュー設定で視点なども変更、走りやすさを追及。

私はボンネットからの視点が好み。
※本当はコクピット視点が憧れ(#^.^#)

実際にMr.Xさんの言葉に耳を傾け、走行する。

おぉ。意識すればするほど、タイムを更新。
いい感じだ。

昨年参加した「#ACCハンガロアタック」のタイムを参考にする。

63人中63位 タイムは1:51.227

今回は、1:51.072 わずかだが、速く走れた。

しかし、タイムテーブルを見て分かったことが!

確かにタイムは少し速かったが、ミスが多い。

1-10周 ドライバー視点、11周~はボンネット視点。

タイム欄が真っ赤だ。(;゚ロ゚)

※ボンネット視点にして分かったこと。
全体は見やすいのだが、コーナーへのアプローチが少し見にくい。
それと、走りやすい=スピードの出し過ぎが多かった。結果として遅い><

以上により、タイム更新するもミスを連発。

再び、オプションから、細かい設定を変える。
そして、コクピット視点にしてみる。

タイムは伸び悩むが、コーナーは走りやすい。
さらに、なれていない視点のせいか、無意識のうちにタイム更新よりも安定走行を優先していた。

いい感じかも(#^.^#)

そこで、Mr.Xさんから、再度、コーナーへのアプローチを復習。

再チャレンジ。

一旦、今回の講習は修了する。

オプション設定をさらに見直し、教えてもらった走行の仕方を意識し、チャレンジ!

すると!さらにタイムを更新! 1:50.890

夢の1分50秒台。

やったーーーーー(#^.^#)

最後の最後、自分の納得できる走行ができました。

次回もMr.Xさんに走りのコツを伝授していただこう(#^.^#)

タイムが更新できずにお悩みの方!ぜひ、コーナーのアプローチについて、考えて見て下さいね。
お役に立てれば幸いです。

Mr.Xさん ありがとうございました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました