GS2 Series Season01 #7(Final) Japanese GP 優勝RyU選手、daska選手。ドライバーズチャンピオンはdaska選手が獲得

RyU選手
daska選手

主催:Gobou Sann・Shika
実況:蒼さん
レースエントリー10台

レース1

ワンショット予選、フロントローはRyU選手(DAMS)と、amakaraisi選手(Charouz)が並びます。
抜きにくいコースだけに、スタートが重要です。

レースが始まると、RyU選手がトップを守ります。
そんな中、daska選手が素晴らしいスタートで9番手から、5番手にジャンプアップ。

LAP3 2位のamakaraisi選手がファステストラップを記録。トップRyU選手の真後ろに付きます。

LAP6 daska選手が最初にピットイン。8番手でコースに戻ります。

LAP7 amakaraisi選手がピットへ。コースに戻ると、daska選手にアンダーカットされ順位を落とします。

LAP11 TOPのRyU選手がピットイン。ソフトに履き替えます。2番手で復帰しました。

LAP12 Shika選手がピット!4番手に。

残り4周になります。

LAP14 mimi選手がホームストレートでスピン。大きなダメージはなさそうです。

優勝はRyU選手(DAMS)、2位はamakaraisi選手、3位をdaska選手が獲得しました。

レース2

リバースグリットとなるレース2では、Eairline選手とmimi選手がスタートを決め首位争いをします。
しかし、mimi選手はターン1、2がまとめられず8位へ後退。
その間に、amakaraisi選手が3位まで順位をアップ。

LAP3 kisuke選手が首位に立ちます。
全車1秒以内という激しいバトルが続きます。
ここで、daska選手が2位、3位にamakaraisi選手、4位にRyU選手。

LAP7 トップ争いが激化!なんと、1位daska選手から4位amakaraisi選手までの差が、コンマ4秒!

ファイナルラップ トップのdaska選手は2位のRyU選手に1秒の差を付けます。

優勝はdaska選手、2位はamakaraisi選手、3位にRyU選手が入りました。

GS2 Series Season01ドライバーズチャンピオンはdaska選手に決まりました。

タイトルとURLをコピーしました