ハッピー橋本(ミミ) | eスポーツレースゲーム&ゲームレビューブログ

ハッピー橋本(ミミ)

早過ぎた出会いに

1.若すぎた オレが恋した
お前の事を ふと考えた
愛なんて 語る資格もない
中身のない オレがそこにいた

全てがこれから 想い出に変わる
時の流れに 流されながら
ゆっくりと少しずつ

今のオレのままで
昔へ戻れるなら
お前を優しく
包み込んであげられたのに
早すぎた出会いを
恨んで哀しみぬいた夜
手を伸ばしても
もう 届かないだろう

2.いくつかの 月日が流れて
街角で お前を見かけた
オレもお前も だんだん変わってく
大人に なりはじめていた

あの頃の想いが 甦ってしまう
お前だけを みていた
夢中だったあの頃を

今のオレのままで
昔へ戻れるなら
お前を優しく
包み込んであげられたのに
早すぎた出会いを
恨んで哀しみぬいた夜
手を伸ばしても
もう 届かないだろう

3.くだらない こんなオレのために
流してくれた お前の涙を
指で拭ってあげる ことさえも
出来なかった 情けないオレさ

あの頃の想いが 心をよぎる
傷つけてしまった
あの頃のお前を

今のオレのままで
昔へ戻れるなら
お前を優しく
包み込んであげられたのに
早すぎた出会いを
恨んで哀しみぬいた夜
手を伸ばしても
もう 届かないだろう

昨日今日明日と
時間は移り変わる
しっかり今だけを
見つめていきたいけれど
素直な気持ちを
最後に一言だけ
少しでも こんなオレ
愛してくれたことに
『ありがとう』と

作詞・作曲 ハッピー橋本(1992)

Analog

1.飛び回って 飛びまくって
捨てられて 身体ボロボロ
投げられて 頭の中 
破裂寸前 今はフリスビー

生がいいって 誰か言ってた
気持ちいいから 震えるくらい

刺すような痛み 悔しいくらい
上り詰めていく Analog Fucker
やがてそれは 身体の芯に迫る
リズムを刻んで

優しい声で 眠らせる 
生け贄はすでに 我を忘れて
身体の隅まで 針が舐め回る
その世界は 扉の向こう側

2.マニュアル通り 魂抜かれた
Robotしか 存在しない
『らしさ』のない Digital County
埃まみれの Turn Table

Programingで 『I LOVE YOU』
取って付けた 言葉だけ
繋いだ手のひらの 温かさえ感じない

Computerだけじゃ 割りきれない
満たされることない 闇の中
孤独 絶望 失望
Clickするだけじゃ 心洗われない

生がいいって 誰か言ってた
気持ちいいから 震えるくらい

刺すような痛み 悔しいくらい
上り詰めていく Analog Fucker
やがてそれは 身体の芯に迫る
リズムを刻んで

優しい声で 眠らせる 
生け贄はすでに 我を忘れて
身体の隅まで 針が舐め回る
その世界は 扉の向こう側

作曲・作詞 ハッピー橋本(1991)

一生一緒

1.オレはお前と過ごす時間が
最高にHappyさ
『お前もそうかい⁉️』なんて
いらない言葉だよな
何気なく気遣ってくれる
お前の優しさを
ホントは涙が出るほど 嬉しいんだぜ


仕事で疲れた時も 
癒された その笑顔に
そんなお前と これから
ずっと歩いて いきたくて


バカやるのも一緒
酒呑むのも一緒
一生一緒 人生を共に生きよう
メシ食うのも一緒
買い物行くのも一緒
一生一緒
お互いもっと 深めよう


2.たまには 独りの時間
うまく使いながら
たまには仲良く ケンカして
お互いもっと 深めよう


笑い合うのも一緒
遊び行くのも一緒
一生一緒 朝日に誓いを立てて
抱き合うのも一緒
歳をとるのも一緒
一生一緒
お互いもっと 繋げよう


バカやるのも一緒
酒呑むのも一緒
一生一緒 人生を共に生きよう
メシ食うのも一緒
買い物行くのも一緒
一生一緒
お互いもっと 深めよう


一生一緒 一生一緒 一生一緒
お互いもっと 繋げよう


作詞・作曲 ハッピー橋本(2013)

絆2007

1.誰かの喜ぶ顔が見たい
あなたの喜ぶ顔が見たい
ふと見上げた空 いつでもいつまでも
繋いだ空気の中 過ごしてる

みんなで一緒に笑いたい
大きな声出して笑いたい
刻んだ時間と 交わした言葉の数だけ
絆は心で 育ってく

誰も知らない 風景の中で

想い出がノートに 書ききれないから
背中のバッグに みんなで詰め込んで
残った欠片を ひとつずつ配って
また会う時まで 光る絆を
大事に持って

2.両目が涙で 見えなくなるまで
喜びの中で 過ごしていたね
出会った奇跡を 何年先までも
終わりじゃないと 約束しよう

想い出がノートに 書ききれないから
背中のバッグに みんなで詰め込んで
残った欠片を ひとつずつ配って
また会う時まで 光る絆を
大事に持って

作詞・作曲 ハッピー橋本(2007)

今日から昔自分が作詞した唄を掲載していきたいと思います。
まず記念すべき一曲目はこちら‼️

【曇りのち晴れ時々にわか雨】

1.何万回も暮れては昇り
いつもみたいに陽が暮れる頃
その向こうには何があるのか
東へ向かい歩いていった

やがて夜になり陰は影潜め
道しるべ失くした
気がつけば知らないところで
一人ぼっち 泣いてる

 

2.蹴落とすことに夢中になって
大切なもの置き去りにした
足跡の上 理想を捨てて
妥協の中をかき分けながら

エリートコース歩いてきた奴ら
難しい顔して
道の端っこ歩いているのさ
力抜いて生きよう

曇りのち晴れ時々にわか雨
そんなもんだよ 人生なんて
泣きじゃくってる その顔がまた
笑って過ごせる 陽がまた昇るから

 

作詞・作曲 ハッピー橋本(1992)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました