NO.71 DRIVER’S EYE TakePON_Gaming | eスポーツレースゲーム&ゲームレビューブログ

NO.72 DRIVER’S EYE TakePON_Gaming

NO.72 TakePON_Gaming

eスポーツに参加する多くのドライバー達。
レース始めた理由や速く走る方法、レース戦略など、様々な角度からドライバーをご紹介します。

①eスポーツレース参加の切っ掛けは?

本格的にレースシムを意識しだしたのは、自分の息子が「小学生シミュレーター選手権」なるイベントに参加する事が決まった時ですね。
それまでは、机にハンコンを固定してなんとなく車ゲーをプレイしていただけだったんですが、それを機に、大人から子供まで使える調整式のシムリグを自分で設計製作して、シムの世界にドップリ入っていった感じです。

②レース中、気をつけていることは?

まずは、他の参加者さんの車輛への接触、妨害をしない事を第一に気を付けています。
走行中、熱くなりすぎず冷静に判断することをなるべく心がけています。
とはいえ、気付いた時には必死になってて判断が遅れる事が多いんですけど…。

③忘れられないレースはありますか?

公式のレース経験がほぼ無いのですが…(;゚ロ゚)
強いて言うなら、自分が開催した走行会全て…ですかね!
参加者の皆さんが真剣に、そして和気藹々と楽しんで走っている様子を見ながら、自分も一緒に参加して走行している時がとても充実した瞬間です!

④好きなF1ドライバー&チームは?

好きなドライバーはとても沢山居るので迷いますが…。
SUPER GT チームNISMOの松田次生選手…ですかねぃ~。

⑤その理由は?

彼の人柄や物腰。永年変わらぬ車への愛情やレースに対する熱い想いに共感します。
あとは、自分が元来日産派なのが大きいかも…。

⑥ライバルはいますか?

ライバルは…特に居ないですねぇ。
淡々と一人で走る人なので…
目標とする人は走行シーンに寄って都度変えていますので、決まったライバルは設定しておりません!

⑦現在参加している大会は?また他に楽しんでいるゲームはありますか?

参加…ではありませんが、nori代表と共に「AssettoCorsaCompetizione」のタイムアタック企画を連続開催致しております。
2023年の新年初イベントで15回目の開催になります。
今後、いつまで続けられるかは分かりませんが、皆様よろしくお願い致します。

⑧大会や今後の目標は?

一番の目標は、多くの方にレースシムの気軽さ楽しさ面白さを知って頂くべく、有意義な情報を発信していく事です。
車離れが進む厳しい経済状態の昨今。
サーキット走行ができる実車を所持し、維持していくのが難しいご家庭も多いです。
そんなご時世だからこそ、シムをプレイする事で車を操る充足を満たし、更に日頃街中での運転にも精神的余裕を持てる運転環境を作って行ければ良いな…と思います。

⑨レースで使用している、ハンコンほか仕様を教えてください。

FANATEC GT DD Pro + Boost Kit 180
FANATEC ClubSport Pedal V3 + Brake Performance Kit
FANATEC ClubSport Shifter SQ V1.5
FANATEC ClubSport Handbrake V1.5
FANATEC CSL Elite Steering Wheel McLaren GT3 V2
FANATEC CSL Steering Wheel BMW
ミスミ製アルミフレーム使用 独自設計製作シムリグ

⑩速く走るためには何が必要ですか?

自分より速くてお手本になる人を見つける事です!その人の走行を穴が開くほど観察、研究する事が第一ですね。
先ずは何でも真似する事から!
独自の技術はその後自然と付いてきます!…多分!

最後のメッセージ

今回は、シムドライバーの一人として紹介して頂けることに恐縮です。
今後も、皆さんにシムを楽しんで頂ける場をご提供出来るように…
そして、色んな方にシムの楽しさを知って頂ける様な活動を、ささやかながら続けていきたいと思っております。

みんなでシム業界を盛り上げていきましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました